2014年04月16日

映画ものすごくうるさくてありえないほど近い

どうもしょうたです。

最近PCにはりついて動画みてたら

頭痛くなりました涙

今日は、ものすごくうるさくてありえないほど近いを

見て感じたことを書こうと思います。



少年(主人公)がアメリカ9・11でお父さん(トム・ハンクス)を

なくしてしまいます。

残されたお母さん(サンドラ・ブロック)と

主人公の少年の再生のおはなしです。

少年のお父さんが大好きな気持ちに

心がうたれます。

もし
よかったら見てみてください。

それでは、
今日もあなたの日常に夢中と感動がありますように。ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD] / トム・ハンクス, サンドラ・ブロック, トーマス・ホーン, バイオラ・デイビス, ジョン・グッドマン (出演); セリア・コスタス, マーク・ロイバル, ノラ・スキナー (その他); ジョナサン・サフラン・フォア (脚本); スティーブン・ダルドリー (監督)ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [ハードカバー] / ジョナサン・サフラン・フォア (著); 近藤 隆文 (翻訳); NHK出版 (刊)

posted by SHOTA at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。